トラブルが起きた時の思考法で、ビジネスで決定的な差がつくのはなぜか?

不動産作家による<人生の漆塗り日記>
【 GAKUMON 】0369号:トラブルが起きた時の思考法で、ビジネスで決定的な差がつくのはなぜか?
2017/05/16
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
発行人:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資、民泊・簡易宿泊所経営、
FXトレードなどの現場から、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを
日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。

 

◆誰にでも起こることだけども、対処の仕方はぜんぜん違う◆

英語のサイトを見るようにしたり、
英語のサイトを作ったりしております。

お客さんとのやり取りも英語なので、
英語に接する機会が増えたというのもありますが、

あらためて、
スマホアプリで通勤通学に

テキストチャット英会話 – エイゴー!

はすごいです。
さて、

会社経営や、店舗の運営をしていて、
考えなければならないことは、
山のようにあります。

お客様のことはもちろん、
従業員のこと、地域社会のこと。

もちろん、売上、利益のことも。

そうした中で、
トラブルが起きないように、
最善をつくしているかと思います。

様々仕組みを活用したり、
作り出したりして、
小さい芽のうちに潰していきます。

ただどんなに対策を講じたとしても、
ことの大きい、小さいはありますが、
絶対に起きるんですね。

想定外のことが。
まさに、「ブラック・スワン」です。

対策をしている、日頃意識しているかで、
大小はもとより、その頻度も変わってきます。
それでも絶対起きるのです。

以前、某ブラック企業?にいた時、
新しい環境に慣れてきて、

楽をしようとしているわけではありませんが、
新しいことをしようかなぁと思っているときに、
必ず上司が大きな仕事を押し付けてきました。

コレとおなじように、
どんなに対策、仕組み化しても、

神様がいるかのように、
「そろそろ問題(成長の種)をあげよう」

と言わんばかりに、
ブラック・スワンの卵を授けてくれるのです。

ブラック・スワンの卵は、

孵化するタイミングも、
大きさも、ひなの性格もまちまちです。

そして、親鳥の育て方、
いわゆる、問題の対処の仕方、
問題に対する思考の仕方も十人十色です。

◆どうやって育てる、思考するか一つの差

ブラック・スワンの卵を見分けるのは難しいんです。
その他の卵と何も変わりませんから。

ある時突然あらわれるのが、
ブラック・スワン

白い白鳥が急に黒くなるわけではなく、
いままで発見できなかっただけです。

その発見できなかったブラック・スワンにたいして、
どうやって対処するかの違いなのです。

一度発見してしまえば、
おなじような物体、現象がたくさん見つかるのも特徴です。

ですから、初動で、
逃げたり、目を塞いだり、
あるいは、思考とを停止していたら、

再度、同じことが起きたときに、
どうなるでしょうか。。。。

同じことの繰り返しですね・・・。

ここで、しっかり対処していく、
解決策を練る、対策を講じなる、
などができると、

次の事態に備えることができるばかりか、
ビジネスチャンスにすらなるのです。

こうした思考は積み重ねです。
自分はまだまだ・・・とか

自分には関係ないし、、、
とか、

自分には責任ないし・・・

などと思うか、
全ては自分ごと、
自分の責任

と考えられるかどうかが、
決定的な差を生み出す差になるのです。

 ☆本日の仕上げ塗り☆

◯ 必ず現れるブラック・スワン
想像もできなかったことが起こること。

◯ 想像できないことが「ブラック・スワン」であるから、
様々なことを想定しながら、

想定しないことが起きた時の、
具体的な行動などを整理しておくとともに、

思考方法、心の持ち方の方にこそ、
対策をねっておく必要がある。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

発行責任者:田辺領平

http://wakayama-house.net/
問合せ:tanabe@kishu-hatagoya.com

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

Leave a Reply