英語学習と潜在意識 は、掃除と同じ。絶対に忘れないための勉強法

英語学習と潜在意識 の目次

  1. 好きなことは意識的に?
  2. 嫌いなことも意識的に?
  3. 「英語学習と潜在意識」には繰り返し
  4. 本日の仕上げ塗り

 

不動産作家:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資、民泊・簡易宿泊所経営、
FXトレードなどの現場から、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを
日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。

英語学習と潜在意識 は、掃除と同じ。絶対に忘れないための勉強法

◆好きなことは意識的に?◆

人の特徴に好きなことを、
あるいは楽なことに流されるというのがあります。

慣れ親しんだこと、
いつもやっていることは楽なんです。

だからいつもの習慣を変えるのは、
とても大変な作業になるのです。

それが肉体的に負荷はかからなくても、
精神的な負荷のかかるものでも同じです。

勉強や、掃除やらなければならないことは
わかっているけども、

惰性に流されて、
SNS を開いたりメールを開いたり、
あるいは YouTube を見続けたり、

ということはありませんでしょうか。
私自身も気がつくと、
惰性に流されることがあります。

意識的に好きなこと、楽なこと、
無意識に行っている行動は、
減らす必要があるのです。

◆嫌いなことも意識的に?◆

楽なこと好きなことを、意識的に減らせば、
そのぶんの時間が生まれることになります。

その時間をご何に使うかで、
人生、人生の漆塗りとも言うべき、
人生の仕上がりは変わります。

その減らした時間は、
やらなければいけないことを、
意識的に増やすようにします。

◆「 英語学習と潜在意識 」には繰り返し◆

やらなければいけないことの回数の増やし方ですが、
元を辿れば時間の作り方とも言えます。

その空いた時間で、
嫌だけどもやらなければいけないことをやるわけですから。

時間はできるだけこまめに取るようにします。
水分補給と同じですね。

一度に大量の水を飲んでも、
ほとんどが排出されてしまいます。

ですからこまめに水分補給する
ことが推奨されています。

これと同じで英語学習や、各種の試験勉強は、
こまめに行うことが記憶の定着につながります。

試験前日にもう勉強した経験もあるかと思います。
この場合大抵は、

試験が終われば全て忘れる。

という結果になります。
人生の漆塗りを輝かせるために、

勉強したり資格試験に挑むと思います。
ですから試験が終わった、資格取得した、

そしたら全て忘れてしまったというわけにはいきません。
それを生かすのが目的ですから。

家や車の清掃も同じです。
車の清掃であれば、
毎日乗る人であれば毎日掃除する。

というのが正しい清掃スタイルです。
汚れが目立つ前に清掃するというわけです。

タクシーや、ハイヤーの運転手が、
隙間時間を使い、毛バタキにて、
車の表面の埃を取っているイメージです。

週に一回掃除をするのは大変な労力になります。
その労力に満足して、
車を綺麗に維持していると勘違いしてはいけません。

毎日こまめに清掃をすれば、
労力は少ないですが、
綺麗な状態をいつでも長く保てるなです。

もちろん生活スタイルによっては、
週に一度、休日に磨き上げるしかない、
という方は別ですが。

人生で、ビジネスでやりたいことがあれば、
覚えなければいけない、やらなければいけないことは、
山のようにあります。

あえて嫌いなことを好きにする必要もありませんが、
やると決めたからには、

こまめに継続的に実行する。
ただそれだけです。

すぐに役立つものは、すぐに役立たなくなる。
結果が出なくても、やり続けるのみです。

関連:マインドマップで明確になる思考と、記憶の定着と無意識に落とし込む

 ☆本日の仕上げ塗り☆

◯ 家庭の大掃除も、 年末に苦労してる人ほど、
日常の清掃を怠っていた人。

◯ 日常的に清掃、勉強する仕組み、
習慣作りこそ意識すること。

◯ 決めたことは淡々とやり続ける。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

発行責任者:田辺領平

http://wakayama-house.net/
問合せ:tanabe@kishu-hatagoya.com

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

Leave a Reply