正しい不動産購入の仕方(考え方)とは?

不動産作家による<人生の漆塗り日記>
【 GAKUMON 】0363号:正しい不動産購入の仕方(考え方)とは?
2017/05/10
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
発行人:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資、民泊・簡易宿泊所経営、
FXトレードなどの現場から、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを
日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。

 

◆不動産(住宅)は買って終わりではない◆

不動産の購入は簡単なものではありません。
だから、入念に勉強と計画が必要です。

ご縁と言ってしまったらそれまでですが、
諦めずに取り組み続けることが、
良い不動産と出会う方法です。

ただし不動産購入で、
最初の一回目で、100点満点の獲得は、
至難の業であることは認識しておくべきでしょう。

最高のタイミングで、
最高の物件が出てくるなんて、
ほとんどないというのが現実です。

不動産投資で成功されている方も、
大抵は一発目で大きな過ちを犯しております。

そこで勉強して2軒目、3軒目で、
ようやく軌道に乗ってくるということもしばしば。

だからと言って、
実際に住む、居住用不動産購入を、
諦めさせようとか、妥協させよう、
というわけではありません。

「購入の心構え」

これだけは準備しておきましょう。
というのが言いたいだけです。

不動産の内見(見学)をして、
買わない理由はたくさんあります。

住宅ローンもその一つかもしれません。
こうした問題の多くは、

この心構えと決意があれば、
人生と同じくして、
良いものを見つけることができます。

逆に言えば、
良い不動産を購入できる覚悟があれば、
人生、仕事をうまく導くこともできます。

「良い不動産」とは、
誰が見ても100点などという意味ではありません。

◆注文住宅ならば完璧なのか?◆

建売住宅だと基本的に、
誰が住んでも問題ないような、
当たり障りのないようになっております。

それが良いか悪いかは別として。
一方、注文住宅であれば、

予算という制約はあるものの、
基本的には敷地の制限内であれば、
自由に間取り、仕様を決められます。

そうしたら絶対満足行く住宅ができるのか?
というと必ずしもそうでもありません。

一般論で言えば、
そうしたこだわりの注文住宅は、

投資金額に対して、
売却する時の金額が安すぎることになります。

高価な設備を入れも、売却時はほぼ考慮されず。
間取りも特殊すぎて、
使いやすいという人がいないとか・・・。

建材、構造も評価されにくい方向です。

FXでも、
「こういう条件なら絶対、買い」

という条件を作り出せても、
二度と同じ相場は来ないし、

似たような相場は絶対来ない。
だから、ある程度、ゆるくしないと駄目なのです。

つまり、自分自身に対する行動基準、
意思決定基準は、細かく、性格に、
厳密に行う必要がありますが、

外部に求める基準は、
あるていどの誤差、許容範囲、
ギャップ、遊び、がないと、

ガチガチに固まって、
身動きが取りにくい、
操作しにくいなどの弊害を生むのです。

 ☆本日の仕上げ塗り☆

◯ 基準が内部、自分に対することか、
外部に対することかで、
許容範囲が変わる。

◯ FXで唯一無二のトレードルールを作り出しても、
自分自身は愚か、他人も使えないければ、
意味のないトレードルールである。

自分だけが100点の住宅も、
他人にとって見れば・・・である。

その場合、死ぬまで使い続ける、
相続のことまで段取りしてあげるなど必要である。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

発行責任者:田辺領平

http://wakayama-house.net/
問合せ:tanabe@kishu-hatagoya.com

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

Leave a Reply