色々な価値観を学ぶ上で重要な人物は?日本人同士、外国人も良いけど、一番は子供?

不動産作家による<人生の漆塗り日記>
【 GAKUMON 】0360号:色々な価値観を学ぶ上で重要な人物は?日本人同士、外国人も良いけど、一番は子供?
2017/05/07
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
発行人:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資、民泊・簡易宿泊所経営、
FXトレードなどの現場から、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを
日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。

 

◆子供の年齢と同じく、自らも親として学びはじめて◯歳◆

一昨日は「こどもの日」でした。
子供ができると、ゴールデンウィークの、
過ごし方も変わります。

最近は、民泊や、スペースマーケットがあるので、
単純に、観光施設、レジャー施設へ、
お出かけというわけでもないようです。

個人旅行はすでに当たり前ですが、
その宿泊先にも変化が。

家族旅行でairbnbの利用も増えております。
海外からのお客様は当然多いのですが、
日本人でも増えていると実感できます。

添い寝であればまだしも、
ある程度大きくなってきますと、

ツインルームでは足りずに、
二部屋予約することになります。

運が良ければ、チェックインの際に、
スイートにアップグレードしてくれることもありましょうが、
なかなかそうはいきません。

そうなると、
せっかくの旅行ですが、
全員顔を合わせるのは、

食事の時と、
日中の出かけた先のみ。

ゆっくり会話する時間もありません。

一方、一軒家の貸切民泊や、
ほぼ貸切民泊であれば、

ゆっくり家族の時間を楽しむことができます。
こんなとき、テレビなど不要です。

このように時代が変化している中で、
子育てにおいても、
これまでの常識が違ってきます。

常識、親の経験から変化してきていて、
さらに親となった自分も、

親としてゼロから学んでいくわけです。
子供が生まれた時0歳ならば、

親も、親0歳
あるいは、
親0歳児クラス、親1年生

ということになります。

◆誰からでも、何からでも学ぶ姿勢を貫く◆

宿泊施設に限らず、
お客様と直接接する仕事をしていますと、

いろいろな思考、性格の方が
いらっしゃることに気が付きます。

宿泊業であれば、
海外の方もいらっしゃるので、
なおさら、感じることがあるでしょう。

そういう方々と接していくうちに、
大抵の企業は学び、成長していきます。

しかし、多くの人が、
いちばん身近で、偉大な先生に
気がつくことなく、

むしろ、「自分のほうが偉い」
とすら思っている場合があります。

それは、「子供」からも
十分に学ぶことがある。
むしろ、子供に学ぶべし!

なのです。

子供の観察力、あるいは、質問力、
素直さ、純粋さ、元気さ、
大人にはない力が沢山あります。

答えに窮する質問に、
あえて挑戦すること。

これが自分を大きくする力にもなります。

困難に質問にも逃げない、
そんな背中を見せてあげ、

家庭でも職場でも、
地位の向上、人間性の向上、

強いては、人生の漆塗りを磨き上げましょう。

 ☆本日の仕上げ塗り☆

◯ 学ぼうと思えば、
何からでも学べる。

◯ 子供を観察し学ぶとともに、
子供と一緒に学ぶ、
学ばせようと思い、一緒に学ぶ。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

発行責任者:田辺領平

http://wakayama-house.net/
問合せ:tanabe@kishu-hatagoya.com

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

Leave a Reply