スモールステップという目標のハーケンをハーケンを打ち込んでいく

不動産作家による<人生の漆塗り日記>
【 GAKUMON 】0357号:スモールステップという目標のハーケンをハーケンを打ち込んでいく
2017/05/04
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
発行人:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資、民泊・簡易宿泊所経営、
FXトレードなどの現場から、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを
日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。

 

◆フリークライミングの如く人生の壁を登っていく◆

簡易宿泊所・民泊の料金設定も、
ホテルのようにこまめに
料金設定を変更している施設もあります。

その際、どうした料金設定が大事なのか。
詳細は別の機会にいたしますが、
基本的には、

イベントなどがあり、
需要の多いことが見込まれれば、
高めの料金設定を。

逆に、予約が入らず、
一週間前など特定の期間になったら、
一定の価格まで下げる。

などなどがあります。
細かく説明するとまだあるのですが。

人生の大きな山だと例えると、
頂上に大きな目標を置いて

壁を一つ一つよじ登っていく。
ということに例えられるでしょう。

目標まで直線で、
最短距離で行けるのが良いですが、
なかなかそうもいきません。

かならず、問題がふりかかってきます。
迂回しながら目標に向かうのです。

◆ハーケンを打ち込んでいるか?◆

とはいえ、
目標達成には時間がかかるものです。

大抵の人は、そこまでに心が折れてしまいます。
心が折れた状態では、
いかなる行動も生産性の高い行動はできません。

民泊・簡易宿泊所でも
イベントの時期だけを狙い、
高価格の宿泊だけを狙っていても駄目です。

もちろん、なかには、
戦略的に、あるいはあくまでも
余裕のある時間での運営の方は、

価格を下げることなく、
ある一定のお客様(ゲスト)のみ
受け入れるという方法を取っております。

ただ、そうでない場合、
閑散期は、価格を下げて、
予約をとっていきます。

日頃の行動でも、
「スモールステップ」とか、
「スモールゴール」などと言われるように、

小さな目標達成にて、
心が折れないように行動していくわけです。

注意したいのが、
こうした「スモールステップ」が、

「ハーケン」になっているか?

ということです。

ハーケンとは、
登山で岩の割れ目や氷に打ち込む金具のこと。
(wikipedia)

命綱を通したりして使います。
昔は、足や手をかけるのにも使ったようですが。

つまり人生のハーケンにするべく、
命綱を通せるかどうか?

を意識することです。
意味のないことに、
時間や、思考を費やしていないか。

全てこれらも、
山頂となる目標があって、
意識できることです。

計画的に、意識的に、
ハーケンを打ち込みましょう。

 ☆本日の仕上げ塗り☆

◯ 人生のハーケンも打ち込み方がある。
打ち込みが甘ければ命取りになることも。

◯ 意味のないところにハーケンを打ち込んでも、
思考や労力、貴重な時間の浪費になるばかりである。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

発行責任者:田辺領平

http://wakayama-house.net/
問合せ:tanabe@kishu-hatagoya.com

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

Leave a Reply