見方、思考のクセ、発想の訓練方法

不動産作家による<人生の漆塗り日記>
【 GAKUMON 】0355号:見方、思考のクセ、発想の訓練方法
2017/05/02
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
発行人:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資、民泊・簡易宿泊所経営、
FXトレードなどの現場から、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを
日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。

◆「新緑が美しい」と感じるか◆

インバウンドビジネスや、
民泊・簡易宿泊所を経営するからには、
自らも外国へ足を運び、

現地の生活、現地の人を観察することはおろか、
海外の宿泊施設の様子や、

それこそ airbnb にて現地の家の様子を、
体験することは非常に重要だと、
いつも言っております。

日本国内に置いても、
競合物件や、他の地域での施設を利用させていただき、
学ぶことは非常に意義深いことです。

日本ではあまり目立ちませんが、
内装やインテリアにこだわった、
おしゃれな物件も沢山あります。

また外国人オーナーの物件であれば、
どういうところに目をつけて物件を選んでいるのか、

あるいは、どういう仕上げにしているのか、
などなど学ぶことができます。

ですから、純粋に楽しいのですが、
このG.Wに複数の物件に、
宿泊申し込みをしたところ、

断られまくりました・・・(泣)

宿泊を受けるか、断るか、
オーナー次第ですから。
仕方ないですね。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

さて、JR東海が、
「青もみじ」をテーマにして、
これまでと違った京都を売り出そうとしております。

桜が散り、葉桜になった桜も、
「美しい」と日頃感じいただけに、

「一本取られた」

という感じです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆言語化し、意識することで思考が変わる◆

紅葉といえば、
通常は、秋の真っ赤に染まった紅葉です。

それを、「青もみじ」とわざわざ言葉にし、
言語を脳で回すことにより意識させます。

インスタグラムも使い、
さらに意識レベルを上げます。

単なる撮影する行為ではなく、
インスタ映えさせなければなりませんから、
撮る方も必死で意識します。

そしてシェアされた写真に感化され、
周囲の方も無意識に落とし込まれます。

この周到なマーケティング、
民泊、簡易宿泊所の経営はもちろん、

自分自身の行動目標、夢実現にも使えそうです。

言語化することは当然ですが、
キャッチフレーズを一つ決め、
それは、事あるごとにつぶやく。

「そうだ、◯◯しよう!」

というように。

そして「ある行動」をいつも、
そのキャッチフレーズに関連付ける。

あらゆる行動を関連付けることができれば、
一番いいのですが、

それが難しければ、
写真をとる行為、
あるいは、撮った写真の全てを、

キャッチフレーズに紐付ける。
そんな日常の積み重ねが、

人生に輝きを与えること、
間違いないでしょう。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 ☆本日の仕上げ塗り☆

◯ キャッチフレーズは簡潔、明確に。
いつ何時でも、口ずさめる仕上げに。

◯ 行動とキャッチフレーズを結びつける。
結びつける行動は、写真が色んな意味で便利。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

発行責任者:田辺領平

http://wakayama-house.net/
問合せ:tanabe@kishu-hatagoya.com

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

Leave a Reply