自分を変える ために意識して習慣を作る方法

自分を変える 目次

1.自分を変える ために、まずは知ることから
2.セルフCMの無料作成と無料配信の実行を
3.本日の仕上げ塗り

発行人:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資、民泊・簡易宿泊所経営、
FXトレードなどの現場から、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを
日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。

 

◆ 自分を変える ために、まずは知ることから◆

自分を変える ために意識して習慣を作る方法

人って意外と自分のこと、
何も分かっていないのです。

ジョハリの窓という有名な理論があります。

1.公開の窓
他人も知っている、自分も知っている

2.盲点の窓
他人は知っている。自分は知らない。

3.秘密の窓
他人は知らない。自分は知っている。

4.未知の窓
他人も知らない。自分も知らない。

というように、
人間には4つの窓(側面)があります。

このジョハリの窓を見ても、
盲点の窓や、未知の窓を

小さくしていくことで、
自分というものを変えられそうな気がしませんか?

もちろん、業務に関すること、
業界に関すること、

異業種のことでもなにかに結びつけて、
業務に活かすことなども必要です。

ですが、いちばん身近な
影響力の大きい、
「自分」を活かさない手はありません。

その自分ですが、
まずは、

「忘れやすいこと」

「無意識に動かされていること」

を知らないといけません。

「無意識」と出てくると、
スピリチュアル系のようですが、
私は、その道ではありません。

心理学的見地からの、
「無意識」を活用です。

※ ジョハリの窓 Wikipedia

◆セルフCMの無料作成と無料配信の実行を◆

テレビCMなどの音声などが、
いつまでも記憶に残ることあります。

私はテレビを見ませんので、
今はありませんが、
昔はよくありました。

キャッチフレーズが素晴らしいことも去ることながら、
リズムや音の活用と、

「定期的に繰り返される」
ために忘れにくくなるのですね。

エビングハウスの忘却曲線の活用ですね。

必要でもないものを、
ついつい買ってしまうTVCMの魔力。

人生にコレを活用しない手はありません。

で、何をするか。
自分を変える ための、
自分自身のCMを作ればいいのです。

動画の場合、ノー編集でもOKです。
自分しか見ないのだから。

ただ電車のなかでも
常時、いつでも反復可能という意味では、
音声だけのほうが優位です。

紙に書いた目標や、
入力したものをスマホやタブレットで閲覧、
と思ってもどうせ見ないのですから。

であれば、イヤホンをつけていれば、
いつでも確認できる音声です。

イヤホンも無線イヤホンならば、
邪魔になりません。

忘れてしまう自分を認識し、
無意識にでも流れてくる音声で、
徹底的に目標・夢を脳みそに吹き込む。

音声も、どんどんブラッシュアップしていけば良いんです。
声の調子が変化したことなどにも気がつくでしょう。

セルフCMはスポンサーは自分です。
広告枠もないので、永遠に配信し放題です。

費用はかけずに、
最新版の収録も自由自在。

まずは一つ、
実行してみることが、
人生を大きく変えるターニングポイントに。

 ☆本日の仕上げ塗り☆

◯ 耳に残るTVCMを模して、
自分自身に対する、
自分自身の将来のCMを作成してみる。

◯ 自分自身の将来という商品のCMに対して、
実現しなかった時のクレームは、
自分しか入れられないのだから恐れる必要もない。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

発行責任者:田辺領平

http://wakayama-house.net/
問合せ:tanabe@kishu-hatagoya.com

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

One thought on “自分を変える ために意識して習慣を作る方法

Leave a Reply